公立学校共済組合友の会

  • 標準

文字の大きさ

友の会 News

公立学校共済組合友の会のお知らせ一覧ページです。
重要なお知らせ情報や、最新のお知らせ情報を掲載しています。

2024年度 歴史教室開催のご案内

教室

歴史と文化を学び、体感する「歴史教室」。
今年は浄土宗開宗850年を迎える金戒光明寺と、
本山修験宗総本山の聖護院門跡という、深い由緒を持つ二つのお寺を訪ねます。

◎Aコース/紫雲たなびく光明の地へ ── 金戒光明寺を学ぶ、巡る
開催日:2024年10月23日(水)〜24日(木)
定員:100名 ※応募者多数の場合は抽選となります

 比叡山で天台の教えを学んでいた法然上人は、「阿弥陀仏」の名を唱えれば誰でも極楽往生できるという教えと出会い、比叡山西塔黒谷を下りました。京都の栗原ヶ岡というところでお念仏をしたところ、一帯に紫雲がたなびき、光明が満ちたため、ここに草庵を結びます。それが金戒光明寺の始まりで新黒谷と呼ばれました。「浄土宗最初の寺院」と称されるゆえんです。
 今年は法然上人が浄土宗を開いて850年という記念の年。これを受けて京都国立博物館では特別展「法然と極楽浄土」を開催します。そこで今年の歴史教室のAコースは、1日目の座学を博物館の地下講堂にて特別展の見どころについて担当研究員から解説していただき、その後各自で特別展を鑑賞いただきます。2日目は金戒光明寺にて法話をお聞きいただいたのち、境内をお坊さまのご案内で特別に巡ります。

◎Bコース/修験道とは何か ── 山伏の寺、聖護院門跡
開催日:2024年10月25日(金)
定員:100名 ※応募者多数の場合は抽選となります

 険しい山中に入り込んで自身と向き合い、大自然の中で仏とつながることを目指す──それが日本独自の信仰スタイルである「修験道」です。平安時代に創建された聖護院は、修験道を実践する本山修験宗の総本山。春は葛城修行、秋には大峰奥駈修行を行い、今なおその精神文化を伝えています。その一方で、聖護院は皇族が住職を務める「門跡寺院」として栄えてきました。そのため数多くの文化財が残されていますが、お寺そのものが通常公開されておらず、今回は友の会のためだけの貸切拝観となります。
 座学では、御門主が山伏の装束をつけ、実体験を交えて修験道の心についてお話しくださいます。座学終了後は聖護院へ移動し、僧侶のご案内で寝殿・書院などをめぐります。華やかな狩野派障壁画や法螺貝の音色をお楽しみください。

このページのトップへ