公立学校共済組合友の会

  • 標準

文字の大きさ

歴史教室(京都)

「友の会歴史教室」では、テーマに沿った専門家の講義と、普段の旅ではまず見ることのできない歴史遺産などを訪問し、ワンランク上の「歴史探訪」をお楽しみいただけます。

実施内容

京都の歴史と文化を学び、体感する「歴史教室・京都」。
6年目の今年は、皇室と深いゆかりのある仁和寺と、誰もが知っている清水寺の、知られざる一面に迫ります。

Aコース

開催日程 令和元年10月16日(水)
定員/最大100人

今こそ仁和寺
 ―新元号に皇室ゆかりのお寺を訪ねる

 皇族や公家が出家してお寺の住職を務めることを門跡と言い、仁和寺は平安時代に生まれた初めて の門跡寺院です。そのため極めて格式の高い寺院として敬われてきました。明治に入って門跡寺院としての歴史は終わりましたが、国宝12件を有する世界遺産登録寺院として歴史を刻み続けています。
 座学では、仁和寺の創建にまつわる天皇たちの歴史秘話をお楽しみいただきます。現地散策では国宝・重要文化財を含む多くの文化財を擁する霊宝館や、御所風の建築物が立ち並ぶ境内を巡ります。なかでも慶長年間に造営された御所の紫宸殿を移築した金堂は必見であり、修理を終えたばかりの観音堂とともに、特別に友の会会員様だけの貸切拝観をします。

  • 御殿北庭

POINT

①通常非公開の国宝の金堂を貸切特別拝観
②境内の諸堂を僧侶のご案内で拝観
③約6年にわたる半解体修理を終えた観音堂(江戸時代初期の再建)を、一般拝観終了後に貸切で拝観

講師

朧谷 壽朧谷 壽(おぼろや ひさし)
同志社女子大学 名誉教授

1939年新潟県生まれ。同志社大学文学部卒業。平安博物館助教授、同志社女子大学教授などを歴任。(公財)古代学協会理事長。専門は政治・文化・都城を中心とする平安時代史。京都府文化功労賞受賞。主な著書に、『人物叢書 源頼光』『平安貴族と邸第』『源氏物語の風景──王朝時代の都の暮らし』(吉川弘文館)、『藤原氏千年』(講談社現代新書)、『藤原道長 男は妻がらなり』『堀河天皇吟抄 院政期の雅と趣』『藤原彰子 天下第一の母』(ミネルヴァ書房)などがある。

今こそ仁和寺―新元号に皇室ゆかりのお寺を訪ねる

日程/令和元年10月16日(水)
定員/最大100人 ※応募者多数の場合は抽選となります

10月16日(水)
13:30 仁和寺御室会館にて受付開始
14:00 座学:「仁和寺の創建者、光孝・宇多天皇」
講師:朧谷壽先生(同志社女子大学名誉教授)
15:00 2班に分かれて僧侶のご案内で霊宝館と御殿(宸殿・白書院・黒書院など)を特別見学
16:00 国宝の金堂を僧侶のご案内で貸切特別拝観
16:30 重要文化財の観音堂を貸切特別拝観
17:00 現地解散

※内容は予告なく変更となる場合がございます。

お申込み受付は終了しました。

お申し込み

Bコース

開催日程 令和元年10月17日(木)~18日(金)
定員/最大100人

誰も知らない清水寺
 ─中世の観音霊場のにぎわいを体感する

 音羽山清水寺といえば、国内外から多くの参詣客が訪れる観音霊場です。創建は平安京建都以前にまでさかのぼり、約1200年もの長きにわたって篤い信仰を得て、古典文学などにも今と変わらない参詣のにぎやかさが描かれます。
 1日目の座学では戦国時代に描かれた「清水寺参詣曼荼羅」を中心に、中世の清水寺の実態に迫ります。2日目は「今年の漢字」で知られる清水寺貫主・森清範師の法話ののち、「清水の舞台」で知られる本堂の内陣(通常は立入禁止)での特別参拝、今しか見ることのできない本堂の修復現場の迫力を見学するなど、「知ってるようで知らない清水寺」を体感します。

  • 清水寺 仁王門

POINT

①境内の諸堂をお寺の方のご案内で拝観
②本堂内陣への特別入場、および特別参拝
③通常非公開の本堂修復現場の見学
④通常非公開の成就院の貸切特別拝観(月の庭観賞)

講師

下坂 守下坂 守(しもさか まもる)
歴史学者、京都国立博物館名誉館員

1948年石川県生まれ。日本中世史専攻。大谷大学大学院文学研究科修士課程修了。京都国立博物館学芸課長を経て、京都大学大学院客員教授、文化庁文化財部美術学芸課長、帝塚山大学教授、奈良大学教授などを歴任。絵画を歴史史料として用いて史実を紐解く絵図史料論を提唱し、「清水寺参詣曼荼羅」をはじめ、様々な参詣曼荼羅の研究に取り組む。著書に『描かれた日本の中世―絵図分析論』(法蔵館)、『京を支配する山法師たち』(吉川弘文館)、『中世寺院社会と民衆』(思文閣出版)などがある。

誰も知らない清水寺 ─中世の観音霊場のにぎわいを体感する

日程/令和元年10月17日(木)~18日(金)
定員/最大100人 ※応募者多数の場合は抽選となります

1日目 10月17日(木)

会場/キャンパスプラザ京都

13:30 受付開始
14:00 座学:「戦国時代の清水寺 ──描かれた三つ目の舞台」
講師:下坂守先生(歴史学者、京都国立博物館名誉館員)
15:30 終演
2日目 10月18日(金)
09:30 清水寺善光寺堂にて受付開始
10:00 大講堂円通殿にて法話 貫主・森清範師
10:45 境内特別拝観(以下3班に分かれて、すべてお寺の方のご案内で拝観・見学します)
本堂内陣特別参拝、本堂修復現場、成就院(通常非公開)など
13:00 現地解散

※内容は予告なく変更となる場合がございます。

お申込み受付は終了しました。

お申し込み

申込要領

「はがき」での申込等の詳細については、友の会だよりでご案内しておりますが、このホームページからもお申し込みができます。
「お申し込み」をクリックしていただきますと、申込フォームが開きますので、必要事項をご入力いただきお申し込みください。

1名様参加料金 宿泊なし/8,000円(税込)
1泊朝食付き/シングル利用21,000円(税込) ※参加費:8,000円、宿泊費:13,000円
ツイン利用19,000円(税込) ※参加費:8,000円、宿泊費:11,000円 ※1室を2名でご利用の場合
宿泊ホテル ホテルユニゾ京都四条烏丸(シングル) 〒600-8493 京都府京都市下京区四条通西洞院東入郭巨山町8番
三井ガーデンホテル京都四条(ツイン) 〒600-8472 京都市下京区西洞院通四条下ル妙伝寺町707-1
注意事項 ※A・Bコース連続でのお申し込みも可能です。ただし、申し込み多数の場合はABどちらかのコースのみの参加となります。
※宿泊ホテルについては、友の会で決めさせて頂きますのでご了承ください。
※傷害保険料込 ※拝観料入場料込
キャンセルについて※令和元年10月4日(金)以降のキャンセルについては、宿泊費の返金はできません。 
※開催当日のキャンセルについては、参加費の返金はできません。

※お申し込み多数の場合は抽選となります。
※同伴者は1名までとします。
※当選者の方には、令和元年9月上旬、参加費用の払込用紙および詳細な参加案内をお送りいたします。
※内容は予告なく変更となる場合がございます。

締切日
令和元年8月23日(金)必着

お申込み受付は終了しました。

お申し込み

このページのトップへ